ホープ フットボールクラブ

南大阪を拠点とするジュニアフットボールクラブ、Hope FC (ホープ フットボールクラブ) ホープ フットボールクラブ

Hope FC の3つの特徴

 Hope FCは、地域のクラブに所属の選手からサッカー未体験の方まで、
  どなたでもご入会頂けます

全くのサッカー初心者でも大丈夫です。
今までサッカーの経験のないお子様にも時間をかけてわかりやすく丁寧にコーチングします。

 現在、他チームに所属されているお子様でもご入会頂けます。

サッカーの技術や知識の習得はもちろん、サッカーがもっと好きに!!
経験が自信につながり、お子様の「夢」を育成します。

 選手の成長に合わせた指導

5歳児~12歳児に一貫指導の下、育成を行なって行きます。
[幼稚園~小学2年生][小学3~4年生][小学5~6年生]と3つのカテゴリーによって構成し、
各カテゴリーで選手の成長に合わせ、その年代に必要な指導、教育を行います。
将来を視野に着実に一歩づつ経験を積み重ね、レール作りをしていきます。

チームカラーとエンブレム

■チームカラーは「なでしこ色」
「なでしこ色」の由来である「撫子(なでしこ)」は、その可憐なイメージに反し、河原や山野に根を張りたくましく成長する生命力の強い花です。
また、「大胆」「勇敢」 「野心」 「器用」「才能」…など、様々な花言葉を持っています。

Hope FCはそんな、なでしこのように子供たちが育っていくサッカースクールでありたいと願っています。

力強い和風の「龍」をモチーフにしたエンブレムは、 チームカラーである「なでしこ色」、青空を表すブルー、グランドを表すグリーンの3色が配色されています。

<制作 = ヒグチデザイン>

Hope FC 監督

■ Hope FC 監督 山根 理臣(ヤマネ マサオミ)
大阪府出身。某Jリーグ下部組織、堺スクールにて、約10年のコーチの経歴を経て、Hope FCを設立。
主に幼稚園(キッズ)~小学生(ジュニア)年代を担当しており、ライフカップ、大阪府知事杯小学生サッカー選手権大会では最高順位、準優勝し、その時の年代も担当、個性的な選手を育成してきた。